2012年03月22日

地震は人工であれ自然発生であれ予知できる!

メディアの流す従来型の方法では地震は予知できない

「4年以内にM7級の首都圏直下型の地震の可能性は70%」
という東京大学地震研究所の試算が
一時期、メディアを通じて繰り返し報道された。

一方、同じ直下型地震の調査を行った京都大学防災研究所
の発表では「5年で28%」であった。

あまりに開きが大きい結果だが、
これは従来型の地震予知が、いかに不正確であるかを
よく示した例だといっていい。

そもそも地震発生のメカニズムの調査・研究では、
地震予知はできない。
アプローチの仕方が間違っているのである。
そんな理由から、地震を予知は不可能であると
主張する学者もいる。

が、実際には、地震予知自体は、可能であるといっていい。
その鍵は、調査・分析の方法にある。


磁気異常を解析すると地震は予知できる

地震の直前になると、電離層で電磁波の磁気異常が
起こるといわれている。

(電離層とはオゾン層のさらに上に位置している領域。
大気を構成する原子がイオンと電子に電離した状態
=プラズマ化した層のこと。)

この前兆現象としての「電離層擾乱」の発生を
観測することで、高い確率で地震発生を
予知することが可能なのである。

電気通信大学名誉教授・工学博士の早川正士氏は、
VLF波、LF波を用いて電磁ノイズを調べ、
電離層擾乱の観測を行って
実際に東北・東日本大震災の発生の1週間前に
震災を予知している。

フランスでも2004年にすでに地震と電離層擾乱の関係を
調べるための「ディメーター」という人工衛星を打ち上げ
成果を得ている。


“電離レベル”の調査で人工地震も解析できる

すでに述べたが、「電離」とは原子がイオンと電子に電離した状態
つまりプラズマ化した状態をさすが、
この「電離」という現象は、「電離層」のみならず、
地中や海中にも存在している。

この「電離」の性質を利用して、HF帯の高周波電波を
電離層または地中・海中の電離した部分に照射し、
地震発生や気象操作を可能にする方法が、
環境操作のテクノロジーである。

実際に人工地震を発生させる場合は、
複数の方法があるといわれる。

地震を発生させたい場所の活断層や大陸プレートに、
高周波高電圧の電磁波を直接照射して歪みを作る方法。
もしくは、電磁波を活断層に照射し地下水を電磁波で沸騰させ、
核融合を引き起こし、断層で爆発させる方法である。

いずれも地中や海中に存在する電離状態を利用して地震を起こす。
前述の電離層擾乱の観測による方法では、
こうした地中や海中の核反応によって起こる
大気中の異常を計測することができる。


人工地震「東北・東日本大震災」のケース

人工地震では前述の“電離の原理”により、
電離状態になっている場所なら、どこにでも起こすことができる。

地震かほとんど起こらない地域にも、地震を起こすことが
可能であると同時に、
東北・東日本大震災のケースように、元々地震が起きやすい
地質やタイミングを利用することもある。
元々あった歪みを拡大させ、地震を連鎖的に起こすのである。

東北・東日本大震災では、地震発生に複数の「HAARP」が
使われたという情報がある。

震災以降、専門家などにより、三陸沖や東北地域は昔から
巨大地震が度々起こる地域であるという調査結果が
発表されているが、
間違ってはいけないのは、こうした調査結果が
人工地震を否定する根拠にはならないことだ。

ちなみに、すでに起こった地震が
人工か自然発生を解析する方法もある。

そのひとつは、地震波(断層が破裂した際に放出されるエネルギー)
を分析する方法である。

地震発生の際に地表に到達する最初の波が
「P波」、次の波が「S波」と言われているが、
人為的な核爆発によって起こる地震には
「P波」がないといわれている。

地震が人工であるか自然発生であるかを
明確にすることは、非常に重要である。

自然発生の場合はともかく、
人為的に起こされた人工地震の場合は
法的措置やその他の措置をもって、具体的な行動をとることが
可能であり、
それ自体が攻撃への抑止力になるからである。

天(宇宙)は行動しない人には、サポートできない。
宝くじを買った人しか、宝くじに当たらないのと一緒だ。
あくまで主体は我々である。

陰謀論・都市伝説的な話には、元々全く興味がないが、
世の中であまり知られていない
真実の情報の断片を個人的にとりあげる理由は、
行動を起こすことが、最大の打開策だと確信しているからである。



【参考文献 本
「地震は予知できる」早川正士著
(kkベストセラーズ) ほか
posted by mina+GA at 00:00| 東日本大震災・原子力利権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。