2011年02月07日

ユダヤ問題で言論弾圧が起こるのは、まさにここが「本丸」だからである

本業etc.でバタバタしていたら、
あっという間に1ヶ月が過ぎてしまった。
とは言え、その間も情報収集はせっせとやって
いたのだが・・・。

特に本に関して言えば、仕事や雑務の合間に
1日最低5〜6冊は目を通す。
そう言うと、よほどの本好きかと思われがちだが
元々、ミュージアムのプランニング・デザインを
長くやっていた職業柄、
膨大な資料を短時間で収集することに
慣れっこだからだと言ったほうがいいかも知れない。

ミュージアムの仕事は、コンペにせよ受注した仕事にせよ
大学の教授や専門家etc.にプレゼンテーションし
時には激論をたたかわせなくてはならない。
一発目のプレゼンまでは、僅か1週間程度しかないことが
大半のため、少なくとも数日で、その道の専門家と渡り合える
だけの知識を得た上で、企画を練って提案しなくてはならない。
かくして、インターネットでの情報収集はもとより
本屋の関連書籍コーナーの端から端まで
数日で読破することになるのである。

ここで取り上げているテーマについての情報収集は
インターネットや書籍、公文書、時には著者本人や
当事者に直接話を聞くなんていうこともやっている。
ブログの終わりにいつも紹介している参考文献は
有益と思われる情報を掲載したほんの一部の文献
のみと思っていただきたい。

(但し、定期・不定期に発行される刊行物については
常に毎回その媒体の情報が正しいとは限らないので
念のため。)

さて、前回のテーマの追記を少しばかりしたいと思う。

ファリサイ派ををはじめとする、当時からテロや搾取、
不正行為を行っていたユダヤ教の一派を激しく非難したために、
イエス・キリストが処刑された話はすでにブログで触れた通りである。

聖書のくだりを今一度要約すると、以下のようになる。


キリストを抹殺しようとかねてから画策していた
ユダヤ教の一派は、キリストが「ユダヤの王」を騙り
ユダヤ教を冒涜したとして、時のローマ総督ピラトに
キリストの処刑を要求する。

が、罪状自体が「でっち上げ」である上に、
どの罪にもあてはまらなかったため、困った総督ピラトは
過越しの祭りの慣例にならい、キリストを恩赦にしようとするが、
キリストを是が非でも処刑したかったユダヤの一派は
強行にキリストの処刑を主張。1名だった恩赦枠に、
殺人罪に問われていた人間を、キリストの替わりにあてる。
そして、圧力に屈した総督ピラトがキリストの身柄を
引き渡すことになり、処刑が行われることになるのである。


キリストは今で言う「冤罪」で処刑されたわけだが
聖書のこのシーンは、さしずめ今の日本において
次々とでっち上げによって「冤罪」を生み出す
警察・検察と、背後のユダヤ金融資本・CIAetc.
との関係を彷彿とさせる。

彼らは2000年たった今も、何の進歩も遂げていない。

現代の日本・世界で起きている様々な
問題を調べていくと、必ずユダヤの問題にぶちあたる。

なぜ、シオニストのユダヤ人とそうではないユダヤ人がいるのか?
なぜ、多くの善良なユダヤ人に対して、不正や搾取を行うユダヤ人が
存在するのか?
なぜ、ナチス・ドイツ下で迫害にあっていたユダヤ人と
ナチス内部にナチスのために重要なポストについていたユダヤ人の
両方が存在したのか?
少なからず疑問に思っている人は多いと思う。

親しいユダヤ人の友人がニューヨークにいるので
私自身もよくわかるが
アメリカの一般的なユダヤ人は非常にフレンドリーだし
人種や宗教を問わず普通に他人とつき合う人々だ。
あらゆる点において、日本人と似ていると感じることも多い。
当然、シオニストでもない。

にもかかわらず、日本に原爆を投下すべくマンハッタン計画を
推進していた中心的存在は、ロバート・オッペンハイマーを
はじめとする、ナチスからつれて来たユダヤ人科学者たちだ。
あのアインシュタインに至っては、日本人の心の故郷である
「京都」に原爆を落とすべきだと、当時米政府に提言をしていた。
ハゲタカファンドや日本企業株を買い占めているのはほとんどが
ユダヤ系でもある。
911テロでボロ儲けしたのも、多くがユダヤ人だ。

(かつて長崎原爆資料館を企画・設計した私自身の推測では
爆心地である「浦上天主堂」に原爆を投下したのは
悪天候で視界が悪かったという偶然からではなく、
彼らの思想から考えても、むしろ意図があったと思っている)

ユダヤ問題について書くだけで、ユダヤの人権団体が人種差別
だと強行に圧力をかけ(「サイモン・ウィーゼンタール・センター」
(通称SWC)が文芸春秋の雑誌「マルコポーロ」を廃刊に追いやった
話は以前ブログでも触れた)、
ユダヤを批判的に書くと必ず言論弾圧が行われるのは
まさにここが核心だからと言っていい。

わかりやすく言えば、ここが“悪の中枢”だからだ。

イエス・キリストもユダヤ人だったと言われているが、
少なくともキリストの時代から現代に至るまで、
同じユダヤ教の中で、過激な一派がそれ以外のユダヤ人や異教徒
を攻撃しようとする構造は確実に存在している。

国を失った可哀想なユダヤ人を“ウリ”に
非合法的にイスラエルを手に入れたユダヤ人、
ホロコーストで迫害された被害者を“ウリ”に
「ホロコースト・ビジネス」でボロ儲けしているユダヤ人は
いわゆる多くの善良なユダヤ人ではない。

聖書の中のイエス・キリストも「偽善」に対しては
厳しい批判をしている。

ブログで触れたベンジャミン・フルフォード氏は
ユダヤ問題について度々言及しているジャーナリストのひとりだが
彼もまた自身がユダヤの家系である。




********

読者のみなさま、
旧正月ということで?今年もよろしくお願いいたします♪

********


【参考資料 本

浦上天主堂
http://www1.odn.ne.jp/uracathe/

長崎原爆資料館
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/abm/

旧約聖書・新約聖書

日本を食潰す国際資本〜ユダヤ資本企業リスト
http://kenjyanoturugi.seesaa.net/article/157709914.html

外国人参政権に反対しなくてはならない理由〜カルトと裏社会に乗っ取られる日本〜
http://kenjyanoturugi.seesaa.net/archives/201004-1.html

ほか









posted by mina+GA at 00:00| 国際金融資本・市場原理主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

Money is not power・パワーの本質とは?

たとえば、母親が子どもを生んで育てる時、
子どもは当然、母親にお金を支払って育ててもらうわけではないし
生まれてすぐに働いてお金を稼いでくるわけでもない。
それでも、母親は子どもを育てる。

道端に捨てられていた子猫がいたとして
その子猫を保護して育てる時
飼い主となる人は普通、子猫になんの見返りを求めない。
当然、子猫が飼い主のかわりに働きにいってくれるわけ
ではない。

ではどうして、人は子どもを育てたり
捨てられた子猫を育てたりするのか?

そこに“love”(愛)という原動力があるからである。
その原動力は間違っても「カネ」や「脅し」ではない。

これがパワーの本質ではないだろうか。

市場原理主義者や拝金主義者、ファシストたちは
「カネ」や「脅し」こそがパワーだと、勘違いをしている。

が、正しくは、そこに“love”(愛)がないために
「カネ」etc.でそれを埋め合わせようとしているに過ぎない。

「カネ」を使って、彼らは人を支配する。
「カネ」がなければ彼らは人を動かすことすらできない。
だから、どんな手を使っても「カネ」を手に入れ
あちらこちらにバラまく。
なぜなら、彼らは愛されていないからである。

石油資本家のブッシュ一族や欧米の金持ち連中が
身を守るために、私設軍隊を持ったり
傭兵を雇うという話をよく聞く。

が、この十数年間、陰ながら攻撃から守り
常に自分の思うように行動をとれるよう
私に対してサポートをしてきてくれた
軍や諜報関係、民間etc.の人たちと
金銭的な取引をしたことは、これまで一度もない。

そこには“love”(愛)という原動力があるからである。


posted by mina+GA at 00:00| 国際金融資本・市場原理主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

日本を食潰す国際資本〜ユダヤ資本企業リスト

日本がかつての豊かさを取り戻すためのひとつの方法は
富を不当に奪取する国際金融資本に
ボロ儲けをさせないことである。

ひとりひとりができること
まずは“消費者として賢く商品を選ぶ”こと
ではないだろうか。

以下、参考まで♪


【ユダヤ資本・イスラエル支援企業リスト】

パレスチナ情報センター
http://palestine-heiwa.org/choice/list.html


■スターバックスコーヒー

スターバックスの会長ハワード・シュルツはシオニスト
で、1998年彼のシオニズムへの貢献を讃え
" The Jerusalem Fund of Aish HaTorah " から
" The Israel 50th Anniversary Tribute Award "
(イスラエル50周年記念賛辞賞)が授与。
イスラエル外務省はハワード・シュルツのイスラエルの
PR活動を賞讃したとしている。

上記サイト(パレスチナ情報センター)によれば
日本でスターバックス・コーヒーを支援している
の株式会社サザビーの代表取締役・鈴木陸三氏は、
東京都知事・石原慎太郎の学生時代からの友人で
選挙参謀でもあったとのこと。

石原慎太郎とえば「NOと言える日本」(盛田昭夫共著)
のイメージから一見「反・アメリカ追従」と思われがちだが
石原自身“巣鴨プリズンコネクション”のひとりであり、
代々、指定暴力団・稲川会に仕える小泉純一郎一族の親戚。
自身も右翼(エセ右翼)との繋がりが強いといわれる
「国際金融資本追従型」の政治家といっていい。

船井幸雄氏・副島隆彦氏の共著の中で、
政治評論家・森田実氏のサイトより
次のような一文を紹介している。

「日本のアメリカ化を先頭に立って推進しているのが
小泉内閣である。小泉内閣の3年間の間に銀行の90%は
米国の金融機関に握られてしまった。製造業の70%が
米国に握られた。東京のホテルのほとんどが米国資本
のものとなった。流通も、食糧も、土建業者すらも
米国資本の傘下に組み入れられている。最近はマスコミ
がこれを応援している。それどころか、マスコミまで
アメリカに握られてしまった。」
(「昭和史からの警告・戦争への道を阻め」船井幸雄・
副島隆彦著 より)

上記は石原都知事が在職していた期間でもある。



■ディズニー

エルサレムは国連安保理決議194・242・252 を始め
とする決議により、1967年以来、30年以上に渡って
不法に占領され続けている土地にもかかわらず、
同社は"Walt Disneys Millennium exhibition"
(ウォルト・ディズニー・ミレニアム博覧会)という
催しにおいて、イスラエルの首都をエルサレムとして提示。
イスラエル外務省はこれにより、ディズニーに対し
180万ドルを与えたとしている。
またこれは、エルサレムがあたかも首都であるかのように
既成事実化しようと目論むイスラエル政府のキャンペーン
であるとしている。

東京ディズ二ーランドを運営するオリエンタル・ランドが
暴力団の元最高顧問と関連のある会社に割高な清掃業務を
発注、また右翼団体幹部の関係するゴルフ場・宅地開発会社に
3000万円を出資していたしていたことが読売新聞で報じられ、
暴力団・右翼団体との「黒い関係」が表面化。
また、東京国税局の税務調査により約3億7000万円の所得隠し
が発覚、また自社の役員やマスコミなどに配ったディズニー
リゾートの入場優待券の経理処理を巡り、9億数千万円の
申告漏れも見つかり、追徴税額は計4億7000万円に上った
としている。

※ディズ二ーランドとユダヤ、裏社会との繋がりに関連する
詳細情報はまた後日♪



■マクドナルド

マクドナルド会長兼 CEO のJack M. Greenbergは
シカゴのアメリカン・イスラエル商工会議所の名誉会長。
さまざまな活動や資金援助を通じてイスラエルを支援する
" Jewish United Fund "(ユダヤ人基金) 及び
" Jewish Federation "(ユダヤ人協会)の主要な企業
パートナー。


■コカ・コーラ社

イスラエルに対する様々な形での援助に対して、
イスラエル関連団体やイスラエル政府から表彰。

イスラエル政府がパレスチナ人から略奪した土地に
コカ・コーラ社が工場建設を予定。
建設予定地の al-Manshiyya 村ではイスラエル政府
によって、300軒あった家が全て破壊され2000人の
パレスチナ人が追放されたとしている。

副島隆彦氏の著書「世界権力者 人物図鑑」によれば、
ザ・コカコーラ・カンパニーはロックフェラー傘下
の企業(日本コカ・コーラ社は上記企業の子会社)、
また、ペプシ・コーラのペプシコ社はロスチャイルド傘下
の企業としている。尚、副島氏はロックフェラーは
スファラディ・ユダヤ人、ロスチャイルドはアシュケナージ
・ユダヤ人だと主張している。


●日本コカ・コーラ社の製品一覧
コーラ
ファンタ
スプライト
グラソー
ビタミンウォーター
爽健美茶
ジョージア(コーヒー各種)
リアル・ゴールド
アクエリアス
紅茶花伝
Qoo
ミニッツ・メイド
リアルエナジー ほか


■エスティ・ローダー

会長ロナルド・ローダーは熱烈なシオニスト活動家で、
イスラエルによるパレスチナの軍事占領への強硬な支持を
してきたとのこと。(パレスチナ難民の故郷への帰還も
許してはならないとの立場を貫いている)

●エスティ・ローダー関連ブランド一覧
クリニーク(コスメ)
ダナ・キャラン(ファッション)
オリジンズ(コスメ&リラクゼーション)
トミー・ヒルフィガー(ファッション) ほか


■ネスレ

ネスレはその多額の投資がイスラエルへ多大な貢献をして
いるとして、1998年ネタニヤフ首相(当時)から
"Jubilee Award" を授与。

●ネスレの製品一覧
ネスカフェ(インスタント・コーヒー)
キットカット(チョコレート)
マギー(調味料)
ブイトーニ(パスタ&ピザ)
ペリエ(ミラネル・ウォーター)
ヴィッテル(ミラネル・ウォーター)ほか


■インテル

コンピュータの主要なパーツ「CPU」を生産販売している
企業で、最も大きなイスラエル支援企業のひとつ。
1999年イスラエル政府によって略奪されたパレスチナ人の
土地に工場を建設し、巨額の利益を得ているとしている。
また、建設予定地の al-Manshiyya 村ではイスラエル政府
によって、300軒あった家が全て破壊され2000人の
パレスチナ人が追放されたとしている。


■マイクロソフト

イスラエル軍によるジェニンへの侵攻と虐殺が行われていた
2002年4月、マイクロソフトはイスラエルのテルアビブ付近の
高速道路脇に「心からイスラエル国防軍への感謝を捧げます」
と書かれた広告を多数掲げた。
マイクロソフトのブッシュ共和党政権への献金額は、
毎年、共和党政権献金企業トップ5。
2005年10月、同社会長ビル・ゲイツはイスラエルの
シャロン首相(当時)やオルメルト産業貿易相(現首相)を
表敬訪問、現地マイクロソフトの従業員や財界人と
会合を持ちイスラエルとの協力体制の強化を約束したとのこと。

※マイクロソフトやIBM(下記参照)は、アメリカの代表的な
軍産複合体企業である。



■アイ・ビー・エム(IBM)

イスラエルがパレスチナ人を本格的に迫害し始める以前、
自社のパンチカード・マシンをナチスに売り込み、
ユダヤ人の判別とユダヤ人を収容所に連行するための
鉄道の効率的な運行を容易にすることで
ナチスによるユダヤ人問題の「最終解決」に貢献、
巨利を得ていたことが明らかとなる。

ユダヤ人絶滅計画が頓挫して間もなく
1948年にイスラエルが建国を宣言すると、
IBMはすかさずイスラエルに進出、
現在に至るまでイスラエルでの事業展開に
多大な投資を行っているとのこと。

「IBMとホロコースト-ナチスと手を結んだ大企業-」
(柏書房)エドウィン・ブラック著


■ダノン

日本では「カルピス」と「味の素」の合併会社として展開。

●ダノンの製品一覧
エヴィアン(ミネラル・ウォーター)
ダノンヨーグルト(ヨーグルト) ほか多数


■ジョンソン&ジョンソン

●ジョンソン&ジョンソンの製品一覧
ワンデー アキュビュー(コンタクト・レンズ)
ジョンソン綿棒
リーチ(歯ブラシ)
バンドエイド ほか多数


■ロレアル

コスメのほか、関連ブランドとしてポロ/ラルフ・ローレン、
ジョルジオ・アルマーニなど展開。


■サラ・リー

ヘインズ、チャンピオン(ファッション)
など展開。


■ノキア(携帯電話)



【国際金融資本傘下の日本企業】

下記は国際金融資本傘下の日本企業とその持株率である。
参考までに。

三菱東京UFJ銀行33.7% 三井住友銀行39.4% 新生銀行73.3% 
キヤノン47.3% 武田薬品43.7% 花王49.5% HOYA54.3% 
ローム51.6% 富士フイルム51.1% 塩野義製薬41.5% 
アステラス製薬47.3% TDK44.6% ソニー50.1% 
ヒロセ電機39.3% メイテック44.1% コマツ35.6% 
東京エレクトロン49.8% SMC49.3% 任天堂41.1%
村田製作所37.8% パイオニア37.8% 小野薬品35.0% 
エーザイ33.6% 日立製作所39.5% 三菱地所38.3% 
三井不動産45.0% 大和證券37.1% 野村證券43.6% 
セコム43.3% 栗田工業37.3% 第一三共32.3% 
コニカミノルタ41.4% リコー39.0% 参天製薬36.3%
コナミ30.0% 日東電工55.9% 信越化学36.3% 
ヤマト運輸31.2% JR東日本30.6% KDDI31.4% 
三井化学29.7% 積水化学33.6% 日産自動車66.7% 
ホンダ35.5% スズキ35.7% ヤマハ発動機31.9% 
京セラ34.8% 東京ガス32.7% オリンパス34.7%
大日本印刷34.2% NEC29.3%・・・など

(リチャード・コシミズ・ブログ「微妙に改訂版:
ユダヤ略奪軍の三角合併日本丸裸作戦、進行中。」より抜粋)

東京ディズ二ーランドを運営するオリエンタルランドの
大株主には、「京成電鉄」「千葉県」と並び
上記の「三井不動産」がある。

尚、前述「世界権力者 人物図鑑」によれば
上記企業のうち東京三菱UFJ銀行はロックフェラー系、
三井住友銀行はロスチャイルド系としている。
また、上記には記載がないが、同書では
ビール会社であるキリンビールはロックフェラー傘下
アサヒビールはロスチャイルド傘下だとしている。




【参考文献 本

「昭和史からの警告 戦争への道を阻め」(ビジネス社)
船井幸雄・副島隆彦 共著 
より)

「世界権力者 人物図鑑」(日本文芸社)副島隆彦著

BOYCOTT ISRAEL CAMPAIGN
http://www.inminds.co.uk/boycott-israel.html

リチャード・コシミズ・ブログ
http://richardkoshimizu.at.webry.info/200705/article_1.html

ほか



posted by mina+GA at 00:00| 国際金融資本・市場原理主義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。