2010年11月17日

製薬会社と麻薬利権-テクノロジー犯罪(エレクトリック・ハラスメント)編-

テクノロジー犯罪(エレクトリック・ハラスメント)と製薬会社利権

非殺傷兵器(おもにマイクロ波兵器)を使い
“擬似的に統合失調症に似た状態”をつくり出すことで
健康な市民を精神病患者として通院または強制入院させ
医療機関や製薬会社に不正に利益を享受させようとすること…

これがテクノロジー犯罪(エレクトリック・ハラスメント)の
目的の一側面と言っていいだろう。

そして、非殺傷兵器を使って攻撃する側にも
精神薬や抗精神病薬が投与されているという情報がある。

非殺傷兵器の実働部隊は通常2名一組で市民に対する
攻撃を行うと言われているが
これらは医師の監督の下で行われていると言われており、
24時間365日体制で攻撃を継続する為に
精神安定剤や抗精神病薬を常に服用している者もいる
と言われている。

精神病薬の中には麻薬の成分が含まれているものが
少なくない。
こうした実働部隊では、幻覚剤の成分が含まれる薬を
常用している可能性もあると見られている。

精神病薬の薬害については
一時有名になったイーライ・リリー社製のプロザックなどがあるが、
プロザックを服用中に超低周波を照射すると
精神錯乱を起こし、殺人的になったり、自殺を図ったりする傾向が
あるというデータも存在する。

プロザックは日本国内では現在、
藤沢薬品(商品名:ルボックス)、明治製菓(商品名:デプロメール)etc.
から抗鬱剤として販売されている。


日米・製薬業界と麻薬利権

アメリカの製薬会社と、それらの製薬会社と提携する日本の製薬会社は
ほとんどがモルガン財閥やロックフェラー財閥の傘下にあると言われる。

ロックフェラー一族が経営するスタンダードオイル社の最大株主は
あのナチスドイツのアウシュビッツを運営していた
巨大科学産業「IGファルベン」。

そしてナチスと言えば、その後CIAにその技術が継承されることになる
マインドコントロールの人体実験が有名だが
前述モルガンやロックフェラーのネットワーク下の
スターリングドラッグ社(IGファルベンから独立)やベトナム戦争で
使われた除草剤で知られるモンサント・ケミカル社が
こうしたマインドコントロールの研究を行っていると言われている。

ジョージ・ブッシュの選挙運動では、こうした製薬会社は
最大の企業献金団体だったと言われる。
イスラエルと共謀して911テロを画策し、
麻薬の最大輸出国であるアフガニスタンに是が非でも侵攻して
麻薬の栽培を再開させたかったアメリカの思惑がここにある。

日本で麻薬利権と言えば、麻薬取引を主な資金源としているCIAや
CIAが創設した警察・検察組織、
暴力団の幹部を組織の幹部に持つ創価学会などの朝鮮系カルトetc.
があげられるが、
集団ストーカー(テクノロジー犯罪の人的攻撃版)にこれらの
組織が関与していると言われる所以は、
こうした麻薬利権や武器売買利権があるからである。

そしてもうひとつ、製薬業界利権と切っても切り離せないのが
厚生労働省である。

これらの利権を繋ぐのが「対日工作」というキーワードだ。

テクノロジー犯罪(エレクトリック・ハラスメント)の実働部隊を
実際に組織しているのは外郭団体だと言われているが
「官報複合体」である悪徳官僚やメディアetc.が直接・間接的に
こうした利権にあずかり、
日米安保闘争以来、テクノロジー犯罪(エレクトリック・ハラスメント)
の真実を隠蔽してきた背景がここにあると言える。


【参考文献 本

ガスライティングを企てる人々
http://kenjyanoturugi.seesaa.net/article/149463882.html ほか








posted by mina+GA at 00:00| 新世界秩序・グローバリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

おトクな電子ポイントカードには気をつけろ!

最近では、あらゆる店や企業で電子ポイントカードが目白押しだ。

コンビニやレンタルビデオショップなどでは
提携する店舗で利用できる共通のものもある。

SUICAはどこで乗り降りをして、どれだけの料金を使ったかが
ひと目でわかる。
PASMOを使った改札通過情報をメールで知らせる
追跡サービスも存在する。

が、考えてみて欲しい。

リアルタイムで居場所がわかったり、
いつどこで何を買ったか、履歴がすべて残るということは、
常に第三者にこうした情報を見られていることを意味する。
駅や店舗のいたるところに設置した監視カメラを使えば
視覚情報とあわせて追跡することもできる。

書店が発行する電子カードの履歴に残った購入書籍
の情報etc.からは、その人の思考傾向までわかってしまう。

電子情報は、必ず第三者に傍受されることを前提に
保護されている。
そして、その第三者とは、電子情報をハッキングする個人はもとより
財務省・国税局(所得税等を管轄)、総務省(住民税を管轄)、
警察・検察(=CIA・NSA)も含むあらゆる公的な監視機関をも意味する。

(前述、CIAは日本企業や公的機関のPCに度々
ハッキングを行っていることが近年情報公開された)

最近、ポイントカードの電子化やクレジットカードとの
提携化がやたらと推進されているが、
ここにこうした背景があることは決して無視できない。

もしも、利用した店や企業から上記のような機関等に
どんな個人の情報が流れたとしても、
彼らは情報開示を求められただけ、と言い訳することができる。

本当に顧客満足を目的としているならば、
従来のように、個人情報をほとんど書き込まない
ペーパー式のポイントカードで充分なはずだ。
電子化する必要はどこにもないのである。

それでも、“自分には人に知られて困るようなことはないから大丈夫”
と思う人がいるかも知れない。

が、さまざまな“でっち上げ”による「冤罪事件」が
相次いで問題になっている“アメリカの犬”警察・検察は、
逮捕令状なしで、いくらでも個人の情報を企業から照会することができる。

あなたの情報が知らず知らずのうちに改竄されて、
身に覚えのない犯罪の容疑で捕まらないとは言いきれない。

国税局にしてもしかりだ。
あなたが事業主ならば、きちんと税の申告をしていても、
ある日突然、国税局から脱税の容疑で家宅捜索を受けないとは
限らないのである。

アメリカ・CIA、国際金融資本が潰したい個人や企業、
その関係筋の情報は、こういうところからリーク
されていると言われている。

【日銀による不況の創出・日本経済の弱体化
→おトク・ロープライスに走らせる
→国際金融資本(外資)傘下の企業で買わせる
・できるだけ多くの一般市民の情報の電子化・監視
→情報の不正利用・さらなる日本・日本経済の弱体化】

・・・かいつまんで言えば、これがアメリカや背後の国際金融資本(外資)の、
日本国民に対する「対日工作」のシナリオと言っていいかも知れない。
戦争を画策することで兵器売買で荒稼ぎし、国の経済の建て直しを図ろうとする
アメリカや国際金融資本の監視の意図がここにあると言っていいだろう。
そして、これは「国民背番号制度」の背景でもある。

賢い消費者として取るべき方法は、
本当に「おトク」で「便利」かどうかを冷静に見極めること、
そして、個人情報をやたらに電子化しないことである。


【参考文献 本

「私は税務署と闘う・恐ろしい日本の未来」副島隆彦著(ビジネス社)
「錆びついた国税局」村上静雄著(現代書林)
「崩壊法廷」村上静雄著(現代書林)
「大量監視社会」山本節子著(築地書館)

ほか

posted by mina+GA at 00:00| 新世界秩序・グローバリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

カルト・ヤクザの隠れ蓑「エセ右翼(=CIA)団体」リスト

下記はエセ右翼団体の一例である。
(「右翼の正体」より一部抜粋)

上記サイトによれば
ほとんど「在日韓国・朝鮮人」で占められているといわれる
右翼団体の構成員は、国内に1万人程度であり
これらの団体が主要部を占めているとのこと。



【主要右翼一覧】

「松魂塾」(豊島区) − 極東会(構成員1500人)
松魂塾最高顧問:松山眞一こと曹圭化(在日)
※Wikipedia、共産党・宮元たけし氏のサイトでは
本拠地は新宿区となっている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E9%AD%82%E5%A1%BE
http://www.miyamoto-net.net/column2/diary/1148280856.html

「祖国防衛隊」(大阪) − 七代目酒梅組(構成員160人)
七代目酒梅組組長:金山耕三郎こと金在鶴(在日)
六代目酒梅組組長:大山光次こと辛景烈(在日)

「松葉会」(台東区) − 松葉会(構成員1400人)
松葉会六代目会長:牧野国泰こと李春星(在日)

「日本皇民党」(高松) − 山口組宅見組系
日本皇民党行動隊長:高島匡こと高鐘守(在日)

「日本憲政党」(世田谷区) − 中野会弘田組
日本憲政党党首:呉良鎮(在日)
日本憲政党最高顧問:金敏昭(在日)
金俊昭の実兄:金銀植(在日)

「双愛会」(千葉)− 双愛会(構成員320人)
双愛会会長:高村明こと申明雨(在日)

「三愛同志会」(下関) − 六代目合田一家
五代目合田一家総長:山中大康こと李大康(在日)

「東洋青年同盟」(下関) − 四代目小桜組系
四代目小桜組組長:末広誠こと金教換(在日)

「日本人連盟」(会津若松)
四代目会津小鉄会長:高山登久太郎こと姜外秀(在日)


【そのほかの右翼団体】

暴力団関係者(在日+同和)と一体化

右翼団体
「大行社」(港区芝)「交和青年隊」 −稲川会系

右翼団体
「日本青年社」(港区六本木)「大日本同胞社」(新宿区歌舞伎町)
「大日本朱光会」
住吉会系

右翼団体
「司政会議」 -山口組 弘道会系

右翼団体
「國粹青年隊」 - 國粹会系


【右翼の逮捕者例】

●右翼団体「神州試衛館」 韓国籍、徐裕行容疑者、オウム真理教の村井幹部を刺殺

●右翼団体「日本憲政党」 世田谷区の浄真寺境内で男性警備員にけん銃を発射。 金銀植被告(52)(朝鮮籍)

●右翼団体「日本憲政党」
 世田谷区九品仏浄真寺への金銭要求と暴力行為、
 恐喝の金敏昭容疑者(朝鮮籍)を逮捕。

●三重県津市での「赤旗まつり」に乱入した右翼、
 韓国籍の岩田こと金彰将(32)

●右翼団体「大日本同胞社」(東京都)
 堀米正広容疑者、「加藤紘一」衆議院議員の実家に放火 
 同団体は指定暴力団「住吉会」の隠れ蓑

●右翼団体「正気塾」
 朝鮮総連の依頼で総連支部を自作自演放火
 「救う会」の犯行に見せかける(救う会腕章を入手し偽装)
 2006年、芸能人「太田光」氏の事務所宛に抗議文

●右翼団体「日本皇民党」(大阪)
 2004年4月 中国領事館に街宣車を突入し炎上させた
 在日韓国人の高鐘守容疑者(40)。

●日本相撲協会に抗議した右翼
 横綱「朝青龍」が、マナーの悪い韓国人記者に「キムチ野郎」と
 言ったことに対して多くの右翼が次々と決起し抗議活動。

●右翼団体会長、三重県大安町発注の町道工事をめぐり
 元請け会社を脅迫。自称右翼、張正文容疑者(56)。(朝鮮籍)

●右翼団体「アジア建国党」
 広島、福山市内の不動産会社から現金を脅し取ろうとして
 恐喝未遂罪で起訴
 政治結社「アジア建国党」不動産会社役員金相洙容疑者(65)
(朝鮮籍)を逮捕

●愛知県内の右翼会長「新川昭次郎」こと辛相萬(朝鮮籍)。
 愛知県内の道路工事をめぐり職員に拡声器を使って集団で抗議
 ・脅迫行為。同容疑者は指定暴力団山口組系「新川組」の組長

●自称右翼の構成員
 朝鮮総連に対する強制捜査阻止目的で国会議事堂前に
 車で乗りつけ手首を切り落とす。
 車内に北朝鮮に経済制裁しようとしていた日本政府への抗議ビラ。

●右翼団体「武相育成塾」 
 韓日友好を主張しながら靖国神社参拝客に威嚇行為。

●高円宮殿下の斂葬の儀で多数の右翼が妨害行為をおこなう

●右翼を騙り、朝鮮総連、徐萬述(ソマンスル)議長に
 指を切り落として郵送した男。
 指定暴力団小桜一家系組員、福元善隆容疑者 
 容疑者の所属する小桜組の組長は「金教換」(朝鮮籍)

●飲食店従業員から金を脅し取ろうとしたとして、
 恐喝未遂と暴力行為の疑いで、東京都多摩市永山、
 指定暴力団九州誠道会幹部で、右翼団体塾長の温井重義容疑者(47)
 ら2人が逮捕される。
 ※指定暴力団九州誠道会の代表者は朴政浩(パク・マサヒロ) 
 初代は朴植晩(パク・ショクバン)・・服役中

●北方領土や同和関連の書籍を高額で売りつけていた右翼団体、
 李一雄容疑者(韓国籍)を恐喝容疑で逮捕。
 なおこの事件には社会党副委員長・和田静夫元議員も加わっていた。

●右翼団体「防共挺身(ていしん)隊」
 八千代銀行の株主総会で「外国送金の遅れを質問する」と脅し、
 現金を要求して逮捕された右翼団体構成員、韓京紀容疑者(69)。
 韓容疑者は2009年3月6日から17日にかけ、
 狛江市にある八千代銀行和泉多摩川支店で株主権の行使を
 ちらつかせて現金を要求。
 同容疑者は右翼団体「防共挺身(ていしん)隊」の構成員として
 総会屋の活動をしていた。



■関連記事(過去ブログより)

集団ストーカーの実働部隊の正体〜エセ右翼(=CIA)と朝鮮系カルト
http://kenjyanoturugi.seesaa.net/article/157390093.html

テクノロジー犯罪(=エレクトリック・ハラスメント)
〜CIAに設立された内閣情報調査室〜
http://kenjyanoturugi.seesaa.net/article/156004084.html

ガスライティング(=集団ストーカー)を企てる人々
http://kenjyanoturugi.seesaa.net/article/149463882.html

エレクトリック・ハラスメント(テクノロジー犯罪)というテロ
〜“第二の核”非殺傷兵器に搭載された技術〜
http://kenjyanoturugi.seesaa.net/category/7237612-1.html



【参考文献 本

右翼団体の正体
http://uyoku33.hp.infoseek.co.jp/

ほか


posted by mina+GA at 02:08| 新世界秩序・グローバリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。