2012年08月26日

「ファティマの予言」をでっち上げた人々

演出されたファティマの奇跡

1917年ポルトガルのファティマに、聖母マリアが計6回現れ、
「ファティマの予言」と言われる「3つの予言」を伝えたことで知られる
「ファティマの奇跡」。

だが、これは実は捏造だった可能性が高い。

ファティマの奇跡は、スピリチュアリズムの観点から考えても矛盾が多いが、
ここは敢えて歴史的背景から見ることが重要と思われる。
ファティマで聖母マリアと名乗る存在が当時の教皇に向けて伝えたとされる
メッセージの中には、以下のことが含まれる。

「ロシアの回心・ロシアの奉献」つまり、
ロシアに経済的な保護をもたらすことで戦争を回避せよ、
ロシア人は聖母マリアに身も心もささげるべきであるといった内容である。

1917年と言えば「ロシア革命」が勃発した年。
そして、ロシア革命は、その後のアメリカの独立戦争ほか、
1789年フランス革命、日本の江戸幕府を倒幕・明治維新同様、
すべてが彼らフリーメイソンによって行われたことでも知られる。

彼らはこれまで各国の王制(日本の場合は幕藩体制)を転覆し、
中央銀行を設置し、次々と彼らの金融・支配のネットワークに
次々と組み込むといったパターンをとってきた。
この金融・支配のネットワークの中心とも言えるイギリスは、
17世紀のピューリタン革命(1642)で、彼らの支配下に置かれたと
言われている。(英国のチャールズ1世を斬首、オランダのオレンジ公
ウィリアムを国王に据え、当時の覇権国・英国王室を乗っ取ったとされる。)

そして、そのフリーメイソンの中でも「より上位の結社」で、
強い影響力を持ってきたのが、「黒い貴族」と言われる人々だが、
彼らのルーツは、古代に地中海を拠点に貿易・金融で世界制覇を果たした、
「フェニキア人」(カナン族)であるとも言われる。

後に英国のイングランド銀行を支配するようになったロスチャイルド一族の出自は、
このフェニキアと言う説がある。
(以前、ブログでも触れたが、ロスチャイルドはヤコブ・フランクを信奉する
フランキスト派ユダヤ人であると言う説があるが、実際はその大元にあたる
サバタイ・ツバイを信奉するサバタイ派ユダヤ人である可能性が高い。
いずれにしても、「改革派」とは名ばかりのユダヤ教原理主義である。)

フリーメイソンの中枢をなす黒い貴族は、
これまでありとあらゆる対立軸を利用してビジネスを行ってきたが、
ファティマの奇跡を捏造したのも、彼らだったのではないかと言うことだ。

前述の聖母マリアの要求通り、戦争が回避し、
ロシアへの経済援助が実現することになれば、
経済面でロシアに貸しを作って牛耳ることが可能になるからだ。

別の国の例で言えば、1983年に、フリーメイソンのメンバーが多数在籍する
「ビルダーバーグ・クラブ」(ロスチャイルドや欧州の王室、
議会のメンバー、欧米の金融機関やメディアetcのメンバーから構成)が、
米大統領ロナルド・レーガンとの密約により、IMFと世界銀行を通じて、
共産圏と第三世界に500億ドルの援助を行ったとも言われている。

そしてこの時、援助資金に使われたのは、やはりアメリカの一般市民の
血税だったと言われている。


宗教で世界をコントロールする勢力〜キーワードは「ヴァチカン」

2000年に法王ヴェネディクト16世がファティマの第3の予言は、
ローマ法王庁の崩壊と法王暗殺(1981年5月13日に起こる予定だった)
についてであると発表した。

がこの内容は、聖母マリアの予言を聞いた子供たちの証言とは、
食い違っていたことが、伝えられている。

聖母マリアの予言を聞いた3人の子供のうちのひとりであるルシアは、
第3の予言について、福音書ルカ18-8、
テサロニケ人への手紙とヨハネの黙示録第8〜13章の中に書かれている、
と後に語ったと伝えられている。
(反キリストの出現、7つのラッパの災い、キリストの再降臨、
666獣の刻印…に関する一連の行である。)

なぜ、ヴァチカンの発表とルシアの予言の内容が食い違っていたのか?

その理由は、第3の予言がヴァチカンから公表された2000年に
鍵があると見ていい。
2000年とは、当時の米大統領ジョージ・ブッシュが演説の中で
「ニュー・ワールド・オーダー(新世界秩序)」を公式に宣言した年だ。

1960年代には公表される予定と言われた第3の予言について、
わざわざヴァチカンが2000年に公表した理由は、
「ファティマの奇跡」の一連のパフォーマンスが、
「ニュー・ワールド・オーダー(新世界秩序)」と連動しているからと見ていい。

過去にもヴァチカンは、「ファティマにおける聖母の出現は
信じるに値するもので、ファティマの聖母に対する信心を許可する」
という宣言(1930年10月)を、ご丁寧にも出している。


ファティマの予言をでっち上げた人々

「奇跡」を起こしたのは、聖母マリアではなく、勿論、人間である。
(ニューエイジ思想に傾倒しているわけではないので、
宇宙人だった!なんてことは言わない。)

「ルカの福音・ヨハネの黙示録」の「ハルマゲドン」を、
聖書の記述通り人工的に起こそうとしている中心勢力
(勿論、ファティマと同じテクノロジーを使用)は、
ヴァチカンを牛耳っているフリーメイソンであることは以前も触れた。

彼らの多くは異教徒とも言われ、その中には「反キリスト」と
言われる勢力を含む。
彼らは異なるスタンスをとりながらも、聖書の予言通りに、
この世の終わり「ハルマゲドン」を演出することにかけては、
共通の目標意識を持っている。

彼らに牛耳られたローマ・カトリックの総本山ヴァチカンが、
「反キリスト」勢力に支配されていると言うのは、
まさにキリスト教徒にとって最大の不幸だと言っていいだろう。

posted by mina+GA at 00:00| 新世界秩序・グローバリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

中東戦争を支援するシオニスト・ユダヤ資本マクドナルドの詐欺的商法

ユダヤ資本は偽善的商法がお得意

企業PRとして「アースコンシャス(地球に優しい)」を
スローガンに掲げるマクドナルドは、
すべての容器が使い捨てである。

東京・世田谷区内に昨年オープンしたマクドナルドの
店舗(227席)では、
客室部分から出るゴミの排出量が最低でも1日5000リットル
(90リットルのゴミ袋×55袋以上)を超える。
厨房etc.から排出される廃棄物も含むと、
ゴミの排出量はさらに増大する。

環境保護対策と称してCO2削減を掲げつつ、
大量のゴミを排出し続けるマクドナルド。

ちなみに前述の店舗は、
ファーストレフード店にもかかわらず
注文した商品が出てくるのが遅い。
注文した商品と異なる商品がしばしば出てくる
ことでも知られている。
さらに“スマイル0円”である筈にもかかわらず、
注文した商品が少額だと、
店員が露骨に嫌な顔をすることでも有名である。

なお、マクドナルドは企業PRの一環として
「食育」も提案しているが、
アメリカでは保存料などの食品添加物のせいで、
マクドナルドのハンバーガーが何十年放置しても、
腐らないことが、You Tubeなどでも話題になった。
(これについては、食品の安全基準がアメリカとは
異なるため、日本のケースとは異なる。)

マクドナルドの掲げる「食育」とは、
栄養価の偏った不健康なジャンクフードに慣れ親しみ、
抵抗を感じない人間を育成することにあるようだ。


不景気になると儲かるユダヤ企業

接客マナーが行き届き、提供する商品が安くて高品質、
人にも地球にも優しい…

マクドナルドは、そのどれにも当てはまらない。

「マクドナルドは安い」というイメージを持つ人がいる
かも知れないが、実態はそうではない。

実際の価格に関しては、期間限定で一部の商品を値引き、
100円マックを提供することで、
「マクドナルド=安い」という「イメージ戦略」を
打ち出しているだけで、それ以外の商品は、
同業他社の価格とほとんど変わらないか、それ以上である。

景気が悪化し所得が減少すれば、
人はより安いイメージの商品やサービスに流れる。
たとえ、提供される商品やサービスが粗悪だったとしても
「イメージ戦略」という名の「偽り」のオブラートに包まれた
状況においては、なおさらだ。

昨今の日本の不況は、ユダヤ資本のような
国際金融資本(外資系)企業やアメリカ政府にとっては
まさに追い風である。

シオニスト企業マクドナルドが、日本人から吸い上げた
「カネ」は、マクドナルドの利益となるだけでなく
イスラエルへの支援にまわされる。
聖書の通りにハルマゲドンを実現しようとするカルトな人々、
戦争利権で暴利を貪る人々が、これから起こそうとしている
「イラン-イスラエルの対立〜中東戦争」への資金として流れる。

これが、偽善と欺瞞に満ちた、シオニスト・
ユダヤ資本マクドナルドの実像である。



【参考文献 本
日本を食潰す国際資本〜ユダヤ資本企業リスト
http://kenjyanoturugi.seesaa.net/article/157709914.html
ほか


posted by mina+GA at 00:00| 新世界秩序・グローバリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

フリーメイソン・イルミナティー追加情報

なぜ今までフリーメイソンやイルミナティーに関する隠蔽が、暴かれなかったのか?


アダム・ヴァイスハウプトが、1776年にインゴルシュタット大学に創設した
「バヴァリアのイルミナティー」が、世界で最初のイルミナティーの結社
ではないし、この結社の消失と共にイルミナティー自体が存在
しなくなったわけでもない。

21世紀になった今でも、多数のイルミナティーの結社が世界中に存在している。
これはフリーメイソンについても同様だ。

が、こういった基本的な情報ですら、驚くことに長い間、
誤った認識がされてきた。

フリーメイソンやイルミナティーに関する情報を流してきたのは
研究家や専門家、評論家を自認する人々だが、
彼らは当然ながら、フリーメイソンやイルミナティーの組織の人間
ではないか、
組織の人間であっても極秘計画に直接関わってきた人間ではない。

フリーメイソンやイルミナティーの多くが、大学に結社を
つくってきた理由は、学会etc.の情報源や情報そのものを
容易にコントロールできるからである。

早い話が「部外者」である彼らが掴まされてきた情報とは、
あらかじめ隠蔽・操作された情報なのである。

これがフリーメイソンやイルミナティーに関する「デマ」が、
さまざまなメディアを通じて、
つい最近まで流され続けてきたひとつの理由でもある。


崩壊する鉄のベール

フリーメイソンやイルミナティーの情報が、ごく最近まで暴露
されなかったことについては、
組織の構造にその最大の要因があると言っていい。

著書「イルミナティーは告白する-世界中枢デンジャラスゾーン
-陰謀実行機関の実態とそのシナリオ」の中で、
レオ・ザガミ氏は、フリーメイソン「スコティッシュ・ライト」の
33階位を授けられ、
「アルタ・コレッジャ(高位参事会)」の参加資格を得てはじめて、
フリーメイソンやイルミナティーが推進してきた「ニューワールド
オーダー(新世界秩序)」の全貌を知ったと述べている。

「アルタ・コレッジャ(高位参事会)」とは、フリーメイソンの上位会員
の中でも、貴族や上流のブルジョアから選出され、
なおかつ、特殊な条件を満たした者だけが参加できる
「さらに上位の結社」とザガミ氏が定義づける結社だ。

こうした「さらに上位の結社」は、フリーメイソンの組織の中でも、
完全に秘されており、
メンバーの選定に当たっても「オプス・デイ」や「ロータリークラブ」
などの、フリーメイソンの下部組織から徴募すると言っている。
(前回述べた「高貴なる旅人」と呼ばれる人々も、同様の形で選出される)

また、彼らが計画を遂行する際にも、直接外界に働きかけるのではなく、
フリーメイソンやイルミナティーのネットワークを通じて行う。

フリーメイソンやイルミナティーの会員ですらも、多くが
単なる友愛団体で、陰謀とは関わりのない組織だと思い込んでいる
理由はここにある。

イエズス会系結社である「スコティシュ・ライト」は、
アメリカの建国にはじまり、アメリカ政財界に多大な影響を
及ぼしてきた。

これはこの結社を利用して、アメリカを新しいエルサレムにしようと
背後で画策してきた、ユダヤ人聖職者ラビの存在があるからである。

なぜユダヤなのかと言えば、フリーメイソンやイルミナティーの
秘密結社が追及してきた思想には、
ユダヤ神秘学が少なからず影響しており、
これがユダヤが秘密結社を利用して、権力を行使してこれたひとつの
理由とも言っていい。


数々の陰謀を演出してきたのは、複数の米国ロッジとユダヤ教のラビetc.

「ボヘミアン・クラブ」は、カリフォルニア州ボヘミアングローブ
にある、イルミナティーの米国ロッジのひとつである。

「ボヘミアン・クラブ」が単なる排他的な高級クラブではなく、
イルミナティーのロッジのひとつであるということや
新世界秩序の内部計画の為に、このクラブが利用されてきた事実
については、ボヘミアン・グローブのイルミナティー高位聖職者
ジョン・コンパクトも語っている。

(「ボヘミアン・クラブ」「ビルダーバーグ会議」etc.が、
ただのエリートによる討議会などといった腑抜けた情報を
流しているエセ専門家・評論家、ライターは、じきに職を
失うだろう。)

ちみにこの「ボヘミアン・クラブ」のメンバーには、
「マンハッタン計画」でプルトニウム人体実験を先導した、
ユダヤ人グレン・シーボーグがいる。

こうした米国ロッジを陰でコントロールしてきたのが、
すでに述べてきたようにユダヤ人コミュニティを指導監督する
聖職者ラビたちだ。

彼らはイスラエル・モサドの地上戦に通じているのである。

数々のスキャンダルでメディアを賑わせてきたフリーメイソンの
P2ロッジ(現P3ロッジ)は、イスラエルのモサドとの武器売買取引
でも知られている。

そのP2の「モンテカルロ・ロッジ」は、フリーメイソンの中でも、
絶大な力を持ってきたロッジのひとつと言われている。


歴史上、最も堕落した結社「薔薇十字団」

フリーメイソンの「スコティッシュ・ライト」やイルミナティーの
「薔薇十字団」は、あらゆる結社の中でも、神秘学を応用した
秘教的儀礼を習得するためのライトとして存在してきた。

多くの秘密結社がカバラ思想やピタゴラスの教え、古代の秘数術、
太陽崇拝などの異教について研究してきたと言われるが、
「薔薇十字団」も本来は前述の神秘学を融合した思想を基本としている。

それが、元々組織が腐敗していたところに、「悪魔崇拝」
(実際は低級霊崇拝)の勢力が主流となり、「薔薇十字団」は
地の底に堕ちたと言われている。

その後「薔薇十字団」からもさまざまな結社が派生していったが、
こういった結社が、後々イルミナティーやフリーメイソン全体へも
影響を及ぼしていった。

英国学士院を創設したことで知られるフリーメイソンのメンバー、
エリアス・アシュモアは、以下の言葉を残している。

「私は恐れている。妖術使いや黒魔術による宇宙白色同胞団への潜入は、
今や歯止めが利かない状況にある。よって、我々は誰がどちらの勢力に
荷担しているのか見極めなければならない。」

エリアス・アシュモアではないが、これからヒーラーを目指す人や、
ワークの実践に興味がある人に言っておきたいのは、
スピリチュアル業界の中でも、表向き「光」の団体を装っている、
イルミナティー系の結社が実際に存在していることである。
これは私自身がヒーラーのティーチャーになって知った、
数多くの事実のうちの一部である。

前述した「宇宙白色同胞団」(別名「ホワイトブラザーフッド」
と繋がることを目的に掲げている団体や養成スクールは、
十中八九、イルミナティーと通じている。

こうした団体やスクールは、アメリカのロッキーマウンテンをはじめ、
欧米に多く存在している。

ヒーラーを目指すなら、自分が所属しようとする団体が、
「光」なのか「闇」なのか、吟味したほうがいいだろう。

尚、個人でチャネリングを行う人にも言えるのだが、
前述した「宇宙白色同胞団」(別名「ホワイトブラザーフッド」)や
「異星人」と称する低級霊と、コンタクトするのは避けた方が無難である。

こういった存在は、霊的なレベルが低い為、
生身の人間をコントロールしようとする傾向が強い。
(プロなら簡単に見分けがつくのだが、「嘘」の情報を流すことすらも
しばしばである。)

スピリチュアルと同一視されがちな、こうした「ニューエイジ思想」の
ムーブメントを強力に進めてきたのも、
「スコティッシュ・ライト」や「薔薇十字団」などの結社だと言われている。
彼らはCIAとの協力関係において、精神世界の分野でも、さまざまな
情報操作を施してきた。

2012年の「アセンション情報」を先導し、さらに惑星ニビルの接近による
「地球滅亡説」、今後の地球における「人類と異星人・地底人との共存説」
など、“あり得ない”情報を付加したのも、元々は彼らである。

彼らにとって、これらの情報は「ニューワールドオーダー(新世界秩序)」
の一部である大規模な「人口削減計画」(2012〜2019年)を実施する為の、
布石に過ぎない。

どんな場合でもだが、「なんかヘンだ!」と感じたら、
その「直感」を信じた方がいいだろう。




※レオ・ザガミ著「イルミナティーは告白する-世界中枢デンジャラスゾーン-陰
謀実行機関の実態とそのシナリオ」(ヒカルランド)の中で、告発の対象としてい
る結社は、以下の通り。
エジプトのオシリス結社、O.O.E、ヘルメス同胞団・黄金の夜明け、
古代神秘薔薇十字団、AMORC、ルクサーのヘルメス同胞団、Q.B.L.H、
東方聖堂騎士団、O.T.O、銀の星結社・A∴A∴、スカルアンドボーンズ、
トゥーレ・ゲゼルシャフト…。
このブログでは一部の結社についてのみ触れた。

posted by mina+GA at 00:00| 新世界秩序・グローバリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。