2011年05月25日

地球とヒトに優しく低コストの次世代型エネルギー・メタンハイドレード

次世代エネルギー・インフラの考え方

中部電力は今月14日、政府の意向により、静岡・御前崎市にある
浜岡原子力発電所5号機の原子炉の運転を停止。
これにより浜岡原発の全原子炉が止まった。

電力や水などのライフラインでは、いかに安全で安定した
供給がなされるかが重要である。
インフラが国によって運営されるのが望ましい理由だ。

同時に、今後は個人や企業などが独自に地域レベルでの発電を行う
併用型の展開もますます必要になるだろう。
土地を所有する個人が建物や敷地内にソーラーパネルなどを
設置するケースはこれまでもあったが
鉄道会社が所有する沿線の土地や、不動産会社が所有する土地・建物
に住む住民向けに、そういった企業が独自で電力を供給する
ことも有効だろう。

六本木ヒルズに電力と熱を100%供給している
六本木エネルギーサービス鰍ヘそのひとつの例である。
(ガスタービン6機で3万8660kwを運営。今回の震災では、
東京電力に余剰電力を供給した。)


安全で低コスト・次世代型エネルギー「メタンハイドレード」

来年の3月には全機が停止するとも言われる原発だが、
近い将来、原発がすべて廃止された場合、
ポスト原子力エネルギーとして有望視されているのが
メタンハイドレードだ。

メタンハイドレートとは、天然ガスの原料となるメタンを
水の分子が取り囲んだ状態の固体結晶で、
火をつけると燃えるため“燃える氷”とも言われている。

メタンハイドレートは、日本近海の東部南海トラフだけで
日本の天然ガス年間消費量の13.5年分に相当する
約1兆1400億立方メートルの存在が確認されている。

産業技術総合研究所のメタンハイドレート研究センター(札幌市)
では、世界初となる大型実験装置がすでに導入されており、
メタンハイドレートを「安全かつ効果的に」採取する実験を
行う予定だ。

安全面からも、原発に代わる新たなエネルギーの確保が求められる中、
メタンハイドレートの採取技術については
「米国などが国家プロジェクトとして進める中で日本が最も進んでいる」
としている。(成田英夫・産総研メタンハイドレート研究センター長)

震災などの有事の際や、さまざまな状況に対応できるよう、
今後は太陽光や風力、水力などの自然エネルギーを併用していくことも
有効な方法だろう。

重要なのは、どんなエネルギーを選択するにしても、
利権の対象となり、悪用されないために、
国民が常に動向を監視し続けることである。

例えば、電力会社などのインフラ企業を国有化した場合、
政府がそのための増税を仮に打ち出すと言うのであれば、
政府や関係筋に賠償請求をはじめとする訴訟を
どんどん起こすべきである。
「奪われたら、奪い返せ!」は、法を活用する際の正攻法である。



【精神世界の視点 目
支配者の被支配者に対する洗脳の手段のひとつとして、
「宗教」が昔から利用されてきた。
聖書は歴史的な変遷の中で度々改変されてきたと言われている。
「右の頬を打たれたら、左の頬を差し出せ」など、
キリスト教の教義の中にも「無抵抗」を美徳とする考えが見られるが
そこには支配層のこうした意図がある。
近年、聖書研究が盛んになる中、コンピューターを使い聖書の中の
暗号を解読する技術も進んでいるが、興味深いことに、
こうした「聖書の暗号」の中には、賠償請求や民事・刑事責任の起訴など
「提訴」が今後ますます盛んになり、
世界を動かす鍵となることを予見する行も見つかっている。





【参考文献 本

六本木エネルギーサービス関連
http://eee.tokyo-gas.co.jp/hillst/

ほか
posted by mina+GA at 00:08| 次世代型エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。