2010年07月25日

集団ストーカーの実働部隊の正体〜エセ右翼(=CIA)と朝鮮系カルト

今さらではあるが
「エセ右翼=CIA」である


60年代の日米安保闘争の際、
当時の首相・岸信介が安保闘争鎮圧のため
同じCIAエージェントだった児玉誉士夫に
右翼とヤクザを動員させ、日米安保に反対する人々の
弾圧にあたらせたという事実は、
今や広く知られた話である。

その後、児玉誉士夫は右翼とヤクザ、
さらに児玉機関の資金、CIA資金を投入した自民党etc.を
牛耳るフィクサーとなるのである。
(児玉誉士夫は在日朝鮮人といわれているが
統一協会を日本に導入したのも児玉誉士夫
といわれている)

ある軍関係筋からの情報では
市民への監視・攻撃・洗脳を目的とする非殺傷兵器
(MMI=マン・マシン・インターフェイス、
BCI=ブレイン・コンピュータ・インターフェイス)の導入や
工作部隊を使ったいわゆる集団ストーカーが
日本で行われるようになったきっかけは
まさにこの日米安保闘争だったといっている。

今さらではあるが、右翼の実態は「愛国団体」ではなく
「反日団体」。
右翼が「似非(エセ)」である所以である。

その「エセ右翼」には在日朝鮮人や同和出身者が多く
実際にヤクザや創価学会、統一協会等の半島系カルト
の隠れ蓑のひとつとしての機能を果たしてきたとも
いわれている。


裏社会が生んだ「集団ストーカー」

CIAといえば諜報機関として知られているが
世界最大の麻薬組織ともいわれている。

(世界最大のニセ札製造組織ともいわれるが
いずれにしても世界最大級の犯罪組織)

アメリカが911テロetc.を口実に
アフガニスタンを攻撃した理由のひとつは
アフガニスタンが世界の麻薬の97%を占める麻薬産出国
であり、タリバン政権がその麻薬の生産を中止したため
生産を再開させるために仕組んだといわれている。
麻薬を活動資金とするCIAや国際金融資本etc.にとって
麻薬取引ができなくなると死活問題だからだ。

そして、ヤクザとCIA、創価学会や統一協会といったカルト
(その背後にいるのはユダヤ金融資本etc.)
を繋いでいるのは、いうまでもなくこの「麻薬」であり
これこそが武器の売買と並ぶ、彼らの資金源といわれているのである。

ヤクザが隠れ蓑にする「エセ右翼」と癒着する公安警察・検察が
彼らを本気で取り締まらない理由は
元々、日本の警察・検察がCIAによってつくられた組織であり
この麻薬利権があるからともいわれている。


所詮、アタマが悪い人々の隠蔽工作

ネットの情報などを見ると一目瞭然だが
「集団ストーカー」を行っている人々は
創価学会、公安警察、民間企業etc.
表向きさまざまな組織を名乗っていることがわかる。

が、一般市民への嫌がらせ(時には暗殺)を正業とする
彼らの実態は紛れもなく「エセ右翼」「ヤクザ」であり
その手先として雇われた人々である。
これが集団ストーカーの「実働部隊」である。
その中には実際に創価学会員や統一協会信者なども
含まれるだろう。

ネットジャーナリストのリチャード・コシミズ氏は
“集団ストーカーの被害者”と名乗る「エセ右翼」より
以前からさまざまな攻撃を受けてきたようだが
これなどは、彼らが正体をあらわにした好例だろう。

“集団ストーカー被害者”を語る、
もしくは取り込むことで
自分たちの身分を隠蔽したつもりが
逆にバレてしまったケースだ。

エセ右翼&ヤクザのみなさん、
下手に無いアタマを使うのは、やめましょう。



■関連記事(過去ブログより)

外国人参政権に反対しなくてはならない理由
-カルトと裏社会に乗っ取られる日本-
http://kenjyanoturugi.seesaa.net/article/148207356.html

テクノロジー犯罪(=エレクトリック・ハラスメント)
〜CIAに設立された内閣情報調査室〜
http://kenjyanoturugi.seesaa.net/article/156004084.html

ガスライティング(=集団ストーカー)を企てる人々
http://kenjyanoturugi.seesaa.net/article/149463882.html

エレクトリック・ハラスメント(テクノロジー犯罪)というテロ
〜“第二の核”非殺傷兵器に搭載された技術〜
http://kenjyanoturugi.seesaa.net/category/7237612-1.html



【参考文献 本

「ヤクザ-ニッポン的犯罪地下帝国と右翼-」(第三書簡)
デイビッド・E・カプラン、アレック・デュプロ著

リチャード・コシミズ・ブログ
「似非右翼に騙されている女性のみなさんへ」http://richardkoshimizu.at.webry.info/200909/article_46.html

「似非右翼と警察の癒着関係」
http://richardkoshimizu.at.webry.info/200910/article_12.html

ほか




posted by mina+GA at 14:00| 新世界秩序・グローバリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。