2010年02月27日

エレクトリック・ハラスメント(テクノロジー犯罪)というテロ〜“第二の核”非殺傷兵器に搭載された技術〜

非殺傷兵器にまつわる情報操作

昨年初旬ごろより、CNNやディスカバリーチャンネル
をはじめとする海外メディアによって
「非殺傷兵器」...特にさまざまな種類の
エネルギー兵器が頻繁に報道されるようになった。

あるメディアでは、その理由について、
今のうちに情報を一般に知らせることで
アレルギー反応を軽減させておこうという
狙いがあると指摘する。

さらにつけ加えるなら、
核心に触れる機密的な情報を隠蔽するために
あたりさわりのない限定的な情報を流していると
いう見方もできるだろう。

いかにも小回りがきかなさそうな
指向性エネルギー兵器(ADS)のビジュアルや、
実演によって、殺傷力がそれ程高くないかの
ような印象を与えるのに、
こういったメディアの情報がひと役買っている
ともいえる。

メディアの情報を“額面どおり”受けとるのは
いまや愚だが、
軍事的な情報、特に非殺傷兵器関連の情報を
読む時にはさらに注意が必要だ。

事実、「現在はまだ研究・実験段階だが
今後○年以内には実現可能」などといった兵器や
技術には、とっくの昔に開発され、
すでに数々の実戦に使われているものも
実際に多いようなのだ。


“ソフト・キル”=非殺傷兵器のテクノロジー

「非殺傷兵器」は別名「人道兵器」などという
(非常に偽善的な)異名を持っている。

ところがどっこい、軍事関係者の間では
“ソフト・キル”と呼ばれているように
使い方によっては
ターゲットの心身に確実にダメージを
与え、時には死をもたらす、
高い殺傷性を持つ兵器といえる。

こうした非殺傷兵器のなかでも
エレクトリック・ハラスメント(テクノロジー犯罪)に
使用されている兵器の技術は
一般メディアでは決して報じられることのない類の
軍事機密中の機密事項といっていい。

この種の技術のルーツは、ロシアが開発した
電磁気照射波(EMR)を使用した兵器
(通称EMR兵器)であるといわれる。
1950年代にすでにロシアで研究・開発され
その後、CIAがロシアからEMRの技術を
盗んだとされている。

エレクトリック・ハラスメント(テクノロジー犯罪)に
使用される非殺傷兵器は、エネルギー兵器のなかでも
脳の思考を解読し操作する「RMCT(遠隔マインド
コントロールテクノロジー)」をはじめ、
身体にマイクロ波等を直接照射する機能、
幻聴や幻覚を起こさせる機能etc.
様々な複合的機能を搭載していることが
大きな特徴といえる。

こうした非殺傷兵器は地震のように
特定の空間を揺らしたり、
車のエンジン機能を停止させたり、
攻撃をかわす為の見えない防御壁を
空間に張り巡らせることすら可能である。

※地震兵器はこういった技術の応用版
だと思ってほしい。

1993年11月メリーランド州ジョンズ・ホプキンス大学
応用物理学研究所で、
最高機密の非殺傷兵器に関する会議が行われた。

(会議の主な目的はマインドコントロール兵器の
使用に対して法執行官の指揮を準備することで、
会議の席には国と地方の警察から司法長官ジャネット
・リノ、多数の科学者、軍事兵器専門家、
情報員が出席。)

その時の議長で、非殺傷兵器開発の先駆者、
ロスアラモス研究所のジョン.B.アレキサンダー
(元陸軍大佐、現サイテック社コンサルタント・ディレクター)
は過去に「軍事批評1980年12月号(米誌)」で
次のように語っている。

「サイコトロニクス(遠隔マインドコントロール)
...はっきり言うなら心の力を操る兵器システムは存在
していてその殺傷能力はすでに立証されている。
・・・その機能は遠隔地から死を引き起こすことが出来る。
それは明確な理由もなしに病気かまたは死を誘発させる。
...サイコトロニック兵器は沈黙の兵器で発見され難い...」

以前、ブログでも紹介したが
マイクロ波兵器を製造・販売している
レイセオン社が、米空軍と共同でこのタイプの
非殺傷兵器を開発しているほか、
ロッキード・マーティン社は米国政府から
供給された資金でマインド・コントロール兵器を
開発している。

ここで、こうした非殺傷兵器の原理について
簡単に説明しようと思う。

以下は実際にこういった非殺傷兵器を
使用したことがある
軍関係者から直接ヒアリングした情報である。

まず、エレクトリック・ハラスメント(テクノロジー犯罪)
に使われている兵器は、地球上のどこに移動しても
ターゲットとなる人物にピンポイントでエネルギー
(マイクロ波etc.)が照射され、
すべて遠隔操作によって脳の思考解読や情報送信、
身体への攻撃や操作等を行う機能を持っている。

まるでSFの世界のような技術が、
なぜ現実的に可能なのかといえば、
人間の脳や身体は個体ごとに異なる電気的な信号
を発しており、それをデジタル信号化して読みとり、
ターゲットとなる人物の脳波と同一周波数の
電磁波(マイクロ波)を照射することで
確実にターゲットに攻撃や操作ができる
方法をとっているからだという。

マイクロ波を使った兵器の場合、
指向性の高い短い波長を使用するが、
そのままだと電子レンジと同様、
届く範囲が非常に狭いため
パルス変調・振幅変調されたマイクロ波、
ELF周波のUHFまたはRFなどの搬送波を利用し
ターゲットに送る仕組みになっているという。

また、人間の周波数帯を検出するためには、
ターゲットの生体情報(声紋情報、瞳孔の情報etc.)を
あらかじめ外部装置で読みとり、
装置に接続されたPCにインプットしておくという。

尚、非殺傷兵器を機動する場合、
ターゲットの生態情報だけではなく効果的な
攻撃・操作を行うための情報(病歴、家族構成etc)など、
様々な情報をあらかじめPCに入力するという。


電子化社会の危険な罠

世の中でありとあらゆる情報の電子化が進むと、
一般市民の個人的な情報がデータベースに蓄積され
ネットワーク化される。

個人の情報の電子化・一元化が
非常に危険である理由は、まさにここにある。

国民背番号や検索ワードをかけるだけで、
個人の基本的な情報や生態情報、病歴etc.
(病院ではすでに電子カルテ化が進んでいる)
が、ネットワーク上で簡単に入手しやすくなり
軍事兵器への転用がさらに容易になるからである。

前述の軍関係者によれば
現在のところ、エレクトリック・ハラスメント
(テクノロジー犯罪)ではターゲティングを行う場合、
あらかじめ決められたターゲット(本人)、
その家族、職場・学校ほかの交友関係のある人物、
近隣の住民etc.を中心に監視や攻撃・操作を行うという。

が、情報の一元化がなされた場合、
例えば「年収○万円以下」だとか
「東京都○区×町」だとか
「○歳〜」などの検索ワードを入力するだけで、
より無作為的なターゲティングも可能になり
さらに多くの一般市民への監視・統制が
可能になるのである。



【参考文献 本

●「リモートビューイング」ティム・リファット著
より一部抜粋

●ティム・リファット(科学者)による
マインドコントロール兵器の情報
http://www.truthcampaign.co.uk


●WIRED VISION

【RMT(遠隔マインドコントロール関連)】

「脳とコンピューターを直結するインターフェースが現実に」
http://wiredvision.jp/archives/200501/2005010410.html

「米軍、テレパシー研究を本格化」
http://wiredvision.jp/news/200905/2009051923.html

「脳から『Twitter』に直接送信(動画)」
http://wiredvision.jp/news/200904/2009042123.html

【非殺傷兵器関連】

「非殺傷兵器、本当に人道的か」
http://wiredvision.jp/archives/200210/2002100201.html

米軍が開発進める「指向性エネルギー兵器」
http://wiredvision.jp/archives/200507/2005071401.html

カーチェイスに強力な武器:電磁波で強制停車
http://wiredvision.jp/archives/200502/2005020701.html

【おまけ情報】

以前、ブログで触れた日航機米軍撃墜説の
参考文献として。

飛行機からレーザーで地上攻撃実験に成功
http://wiredvision.jp/news/200909/2009090822.html



posted by mina+GA at 19:47 | TrackBack(0) | アメリカの戦争ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。