2010年09月13日

北海道と鈴木宗男氏への攻撃を阻止すべし!

美味しい寿司が食べたくなると、足を運ぶ店が都内にある。
どのネタも新鮮で価格も驚くほどリーズナブル、
特に北海道から空輸される大ぶりの生ズワイガニを贅沢に使った
握り寿司が絶品なのだ。

ある時、いつものように店でズワイガニの握りを注文し待つ間
突然、店主がこんなことを話しだした。

「こういったズワイガニは普通、なかなか出せないんですが、
ロシアに顔がきく鈴木宗男さんのお陰で手に入るんですよ。
でも今後、入荷できるかどうか…。」

2002年鈴木宗男追放キャンペーンで
偏向マスコミが連日のように鈴木宗男氏を
バッシングしていた最中のことだ。

店主は続けた。
「北海道は鈴木宗男さんの恩恵にずいぶんあずかってきたんですよ。
鈴木宗男さんは、悪くないです。」

今月8日、鈴木宗男衆議院議員の収監が決まった。
アメリカの犬(=国際金融資本の家畜)である日本の検察は、
北海道開発局発注工事を巡る受託収賄罪等の疑惑が
「国策捜査」であるとした鈴木宗男衆議院議員の上告を棄却し、
公判すらなく紙ペラ一枚で鈴木氏にこの決定を
言い渡したと言われている。
(現職の警察・検察官の中には、今でもCIAエージェントが
複数存在しているとされている)

内需拡大で国益や国民を守ると宣言する小沢一郎氏が
総理大臣になった暁には、鈴木宗男衆議院議員が
閣僚(外務大臣の可能性も目されてきた)に就任する
ということも言われていた。

このことを懸念した悪徳外務官僚etc.が
これを阻止する為にこの時期、鈴木氏の収監を決定したものと、
副島隆彦氏は指摘している。

鈴木宗男氏や元外交官・佐藤優氏らが地道に行ってきた
北方領土の返還交渉etc.のロシア政府との対等な話合いを
妨害し、冤罪を持って弾圧してきたのは、
アメリカと彼らに魂を売った外務官僚たちである。

そして、この一連の流れの背後には
CIAとその親玉である国際金融資本の存在があると
見ていいだろう。

拓銀の破綻、北海道経済の崩壊、道州制の導入案、
中川昭一元財務大臣の暗殺etc.も
すべてこの文脈上にあると言っていい。

国際金融資本にとっては、
経済を弱体化し、行政においても国が直接コントロール
しずらい状況をつくり出せば、
北海道という資源豊富で、かつ外交・軍事にも重要なポイント
である場所を手中に収めることが容易になるからである。

北海道の企業はどんなに経営が苦しくても、
外資=国際金融資本の傘下に入ってはならないし、
ハゲタカの買収の餌食になってはならない。

売国行為をもって日本を滅ぼす方向に大きく舵をきった
小泉政権において、小泉・竹中・悪徳官僚etc.が
国際金融資本家に日本企業の株を安く買わせるため、
ロスチャイルド一族の息のかかった日銀を使って、
不況を故意に長引かせてきたことは言うにおよばない。

勿論、国際金融資本が日本の企業を配下に置くことで
日本を経済から潰すためにである。

結果、小泉政権以降、東京に本拠地を置く大手企業
のほとんどがロックフェラーやロスチャイルドの
傘下に入ってしまった事実については
以前にもブログで触れた。

 日本を食潰す国際資本〜ユダヤ資本企業リスト
 http://kenjyanoturugi.seesaa.net/archives/201007-1.html


東京の二の舞を踏んではならないのだ。

ダークサイドに落ちた人々の暴走をくい止める、
北海道や沖縄が担う「砦」としての役割は
結果的に日本、ひいては世界を救うことに繋がるのである。


【参考文献 本

過去ブログ・日銀不要論〜紙幣は政府が発行すべし!
http://kenjyanoturugi.seesaa.net/archives/20100415-1.html

副島隆彦の学問道場
http://www.snsi.jp/tops/kouhou

佐藤優の眼光紙背
http://news.livedoor.com/article/detail/4996747/

ほか





posted by mina+GA at 08:08| NEWSの真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。